30代女性SEの転職

30代女性SEの転職について

女性にとって、仕事というのは結婚や出産、育児などで一時的にリタイアする可能性が高くなるので環境が重要になってきます。特に、SEは肉体労働ではありませんが、非常に神経を使って集中しなければならない業種ということもあり、体への負担も大きくなりがちな職業です。
30代になると、子育てなどでなかなかこれまでのように仕事ができなくなるケースも増えますので、より負担の少ないSEの仕事に転職したいと考える人も少なくありません。

SEというのは、業務内容に非常に差が開いています。たとえば、下請け会社で仕事をしているときには、難易度は低いですがバグ探しや細かいデータチェックといった単純作業の繰り返しが多くなってしまいますし、自給に換算してもかなり安い金額になります。
一方で、大手のベンダーに勤めているSEは、高度なプログラミングに触れることができる機会も増えますので自分自身のスキルアップや収入アップにもつながりやすく、また、スキルを伸ばすことで育児休暇などでブランクがあっても転職しやすい経歴になります。
一般的に、実際にプログラミングのスキルがあがってくるのはある程度経験を積んだ30代からですが、年を重ねていくごとに新しいことを覚えるのが難しくなってきますので、転職が困難になっていきます。そのため、最もスキルアップのチャンスがある若い世代の内に条件のよいところに転職してスキルアップをし、それを活かしてさらに条件の良いところを探すといった人もいますし、大手の企業で下積みから力を付けていくという人もいます。簡単なプログラミングとチェックだけに甘んじておらず、その状況を抜け出すための方法をいろいろ検討してみましょう。
おすすめサイト情報

SEがフリーで案件を探すには

フリーで働くSEの為の案件探しに関する情報です。エージェントの紹介など。

35歳以上の人が、転職に成功する極意

35歳以上の年齢の方が転職する際のポイントとは・・・?

社内SEの転職情報について

社内SEの方向けの転職情報です。社内SEの仕事についても紹介しています。