30代でSEに転職するタイミング

SEに転職するタイミングは30代がピーク

SEに転職することを予定しているなら、30代が実行チャンスの最大のピークであることを忘れないようにしましょう。
これは年齢制限と言った意味では無く、人の記憶能力の劣化や学習能力の衰えによるものです。
人が老化する以上、30代を過ぎれば急速に衰えるのが脳の機能というものであり、システムエンジニアという常に最新のIT知識を要求される職種に転職するタイミングとしてはこの衰え始めた30代が可能性としてシステムエンジニアとなるための勉強を始める最後のチャンスなのです。これ以降、それこそ40代になってからSEになるための勉強を始めようとしても、とても身につくものではありません。

現代のパソコン世代においても、40代を境目にパソコンスキルを身につけられる人口が劇的に変動するものなのです。
最近は、高齢化社会で認知症が有名になってきていますが、この認知症は60代になって急激に進行するものではなく、20代を過ぎたあたりから徐々にゆっくりと脳が衰えるものなのです。
そんな認知症が進行する状態でシステムエンジニアという次から次に新しい知識を記憶することを要求されるSEになるためには、どうしても脳の機能のピークというものを考え無くてはならないでしょう。
もちろん、年齢だけで無くできる限り脳の能力を劣化させないよう、記憶力を維持させる努力を継続することは、転職する人だけでは無く、すでにSE担っている人にとっても必要不可欠な努力だと言えます。
記憶力がまだ維持できているタイミングこそが、転職できる可能性が残されているということを念頭に、タイムリミットを見極めながらSEになるための勉強をがんばりましょう。
それさえ忘れなければ努力は必ず実ります。
おすすめサイト情報

アプリ開発向けの求人の探し方

アプリ開発者の為の求人情報を解説致します。転職活動を効率よく進めましょう。

社内システムに関連した求人を探すなら

社内SEなどの、社内システムに携わる仕事に転職する為の情報などを紹介しています

システムエンジニアの方の求人情報

システムエンジニアが転職する際に有利になる転職エージェントについて紹介します。