30代のSEが転職するときの収入

30代のSEが転職するときの収入

30代になってSEの仕事に慣れてきた頃、転職を希望するという人は多いです。というのも、この仕事には同じ年代であっても仕事内容や収入に大きな差が生じやすく、誰でもなれたらできるようになる簡単なプログラミングやテストに終始して残業が多く、自給に換算すると非常に安くなってしまうという人もいれば、大手の企業に勤めて着々とスキルアップしていき、高度なプログラミングを行うことである程度ゆとりのある生活を送ることができるようになるという人もいます。

SEとして転職をするならば、ある程度スキルを身につけていながら柔軟性のある、若い年代の方が可能性が広がります。元々、SEというのは納期などによってはかなり負担の大きい業務になりますので、体力のある若い世代からスキルアップをしていくというのが一般的です。そのため、ある程度仕事をしても新しい業務に就くことができなかった場合には、積極的に職場を変えてみることも検討してみましょう。中には、特に経験がなくても新しいことに挑戦させてくれる企業もありますし、自分で資格をとることでアピールしてみるというのもよいでしょう。

なお、SEは年代はそれほど関係なく、プログラミングの高度さによって収入が変わってくることがあります。そのため、職場探しをするときにはその企業が行っている代表的な業務などについても調べておくとよいでしょう。また、実際に転職や就職をした人の体験談などを見ることも重要です。転職サイトなども活用して、より自分がスキルアップできるようなところを探し、積極的に就職活動をしましょう。また、将来的に有利になりそうな資格の取得についても検討してみることをお勧めします。
おすすめサイト情報

SEの転職なら東京都内の企業を探せ

求職中のSEの方は転職エージェントを利用して、東京都内の企業に転職しましょう。

IT転職サイトを利用するなら大手がおすすめ

IT業界で転職する際には、求人情報の多い大手の転職サイトを利用しましょう。

プログラマーの求人を調べる際は研修に注目

求人情報で入社後の研修のことが書いてあれば、注目しておきましょう!